サイトアイコン Innercamp

ジャスティン・ビーバー、ビヨンセ、オプラもブレスワークの虜?

プレッシャー&ストレスに対処する方法

ジャスティン・ビーバー、オプラ、トニー・ロビンス、ビヨンセに共通することは何でしょうか?

スーパーリッチ? 有名人? 最高のボディケアができちゃう?

答えは、ブレスワーク!

他にも、セレーナ・ゴメス、グウェネス・パルトロウ、ジゼル・ブンチェン、トレーシー・エリス・ロス、そしてカミラ・コベロも、ブレスワーク・ムーブメントに早くから参加していることで知られています。最高のボディケアやトリートメントを受けられる彼らが、ブレスワークを日々実践している理由は、いたってシンプル。ブレスワークの驚異的なパワーが実証されているからこそ、地球上で最もリッチな彼ら(文字通り、最高のボディ&メンタルケアがいつでもできる人)が、毎日のルーティンにブレスワークを取り入れる、簡単な方程式ですね?

ブレスワークと一言で言っても、そのスタイルは色々。 彼らはブレスワークを、どのように実践しているのでしょうか?

File:GwynethPaltrowByAndreaRaffin2011.jpg” by Andrea Raffin

グウェネス・パルトロウ

グウェネス・パルトロウが、ブレスワークの提唱者なのは有名。専属のブレスワーク・コーチを雇い、彼女自身とそのチームがポジティブなエナジーの中で仕事ができるように指導してもらっています。ブレスワークを知らない人にどう説明したらいいかという質問に対して、彼女のコーチは、「ブレスワークとは呼吸を意識すること、つまりマインドフルな状態で行う呼吸」、と説明しました。

おすすめの呼吸法は、楽な姿勢で、鼻から息を吸い、4秒数えて吐くというシンプルなメッソド。神経系のバランスを整え、地に足をつけることができます。

ジャスティン&ヘイリー・ビーバー

ジャスティンは歌手活動のために定期的に発声練習やブレスワークを実践していますが、妻のヘイリーも心と身体の健康のためにブレスワークをルーティンに。「ジャスティンは声のために意識しなければならないから、深い呼吸についてたくさん教えてくれたわ」とインタビューで語るヘイリー。そもそも、ジャスティンは薬物依存から抜け出すための治療のため、「ヘヴニング」と呼ばれる抗不安テクニックと一緒にブレスワークを取り入たことがブレスワークとの出会いでもあります。

ジャスティンに限らず、ブレスワークは、依存症やPTSD、トラウマ治療に非常に大きな効果を発揮することが数々のリサーチで実証されています。

オプラ

アメリカでもっとも忙しいセレブと言えばオプラですが、もちろん彼女も専属のブレスワーク・コーチを雇っています。オプラ曰く「サプリやアロマセラピーをいくらしても、そもそも呼吸がきちんとできていないと、何も解決しない」。

私たちは1日2万回も呼吸をしていますが、正しい呼吸の仕方を教えてもらったことがない人が大半。 多くの人が、普段は意識せずに胸で呼吸をしがちですが、それでは肺の一番上しか使えません。腹式呼吸が、平穏とリラックス効果をもたらすのに対して、胸でする浅い呼吸は、ストレスや不安を引き起こしてしまいます。だからこそ、真のリラクゼーションには深い呼吸が欠かせないのです。

gisele bundchen, 2009” by gabriel_marchi

 

カミラ・カベロ

カミラ・コベロは、ブレスワークと瞑想が 人生を変えたことに触れ、彼女が実践するプレッシャーに対処するテクニックを自身のインスタグラムで公開しました。

3回呼吸をした後、息を吸うこと、吐くことを意識する。心が静まったら、今世界にいるすべての人、お年寄り、呼吸器に問題がある人、弱い立場にある人、その家族を思い浮かべて、「みんなが健康でありますように。安全でありますように。病気から解放されますように。健康でありますように」と口に出して言います。本当に心で感じるまで繰り返しましょう、とコメントしています。

ジゼル・ブンチェン

ジゼルはインスタグラムのフォロワーから、お気に入りのリラックス法である、オルタネート呼吸を公開しています。

「ナディ・スディ・プラナヤマ」とも呼ばれるこの呼吸法は、左右の鼻の穴を交互に押して、空気を交互に循環させるというもので、心身のバランスをとるのに役立ちます。

ビヨンセ

大変な妊娠&出産を経験した後、1年間は自分の健康に集中することにし、ホメオパシーについて学んだことを語っています。“私はどんな処方箋でも体に入れるわけではなくて、食生活も大切だし、鍼灸や瞑想、ビジュアライゼーション、ブレスワークなどのツールも使っている”、と語っています。

Selena Gomez MTV VMA 2011” by AleeDear 

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメスは、自身のうつ病や不安神経症との闘いについて、ブレスワークと瞑想によってネガティブなストレス要因に対処するテクニックを、インスタグラムで公開。

ブレスワークは、リラックス時に体をコントロールする迷走神経を調整することが分かっており、ブレスワークのセッションを重ねるごとに、ストレス、不安、鬱を顕著に減らすことができるのです。

トレーシー・エリス・ロス

「ブラック・ライブズ・マター」運動の最中、トレイシーはIGTVの動画を作成し、彼女が人種差別に対するデモのストレスを乗り切るために使っていた3つのブレスワークを紹介し、”今この瞬間につながり、自分の体にスペースを作るために “ブレスワークを使っていると説明してフォロワーたちと共有しました。

トニー・ロビンス

世界一のピークパフォーマンスコーチであるトニー・ロビンスも、彼専属のブレスワークコーチいるのは当然。彼のコーチは、限られている時間の中で、ノンストップのスケジュールで高いエネルギーと持久力を維持するために、ブレスワークを学ぶ必要性があることを語っています。

プレッシャーや不安の軽減、集中力&運動能力を高める方法、子供を落ち着かせる方法、ポジティブになりたい、スピリチュアルな生き方の追求など、ブレスワーク選ぶ理由は色々。もっとブレスワークについて知りたい、その効果を試したい、興味があるだけ、どんな理由でも呼吸を学ぶチャンスを自分に与えるって、最高の贈り物。だって、呼吸はあなたを信じられないほど、美しいところへ導いてくれるはずだから。

モバイルバージョンを終了